目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Gibson Numbered T-Bucker

335
このブログはしばらく投稿しないと広告が入りますので、その場しのぎの投稿をします。
最近、特に変わった事はありません。右のお尻に出来物ができた事くらいです。オロナインを塗ってカットバンを貼っています。
しかし、お尻の出来物のおかげで、寝たきりの人の「褥瘡(じょくそう)」の事がよく分かりました。私の場合、仕事柄椅子に座る事が多いので常にお尻に圧力が掛かり、なかなか治りません。右のお尻を浮かせて座るのは大変疲れます。

さて、本日は非常にマニアックな内容です。上のギターはGibson ES-335と言うモデルです。おそらく1970年頃の物です。
これは知り合いからの借り物ですが、一時期、皆さん良くご存知の宇崎竜童氏のダウンタウン・ブギウギ・バンドのリードギターである和田静男氏に貸し出されていたものです。ギターの裏側にバンドのサインが入っています。ギター自体、非常に軽くてアンプを通さなくても良く鳴ります。

さて、このギターに2個黒く写っているのがピックアップと呼ばれる物で、マグネットの回りにコイルを巻いています。
このピックアップの上で鉄の弦が振動すると発電されます。確かフレミングの法則だったと思います。その微弱な電流を大きくするのがギターアンプです。
このギターのピックアップはGibson Numbered T-Buckerと呼ばれる形式です。
gibsonpu.jpg
何しろ40年も前のピックアップですから中のマグネットの磁力がかなり落ちています。最近のギターの2/3~1/2位に落ちてるんじゃないかと思う位です。最近のピックアップは釘を近づけるとピシッ!とくっつきますが、これはイヤイヤくっつく感じです。私が子供の頃は、馬蹄形の磁石に紐を付けて近所を歩きまわると50円玉がくっ付く事がありましたが、このピックアップは50円玉を吸い付けるパワーはもはや無いですね。せいぜい犬か猫の糞が付くくらいでしょう。

ところが、これが1個4万円位で売られているのです。2個で8万円前後ですね。この犬の糞くらいしか引っ付かないローパワーのピックアップが1個4万円です。
でもこれには訳があるのです。もちろん骨董価値もあります。問題は、最初からローパワーの物を作れば良さそうですが、これがなかなか難しいらしいのです。「経年変化」英語で言うとエイジングですね。最初から磁力が低いのはダメで、だんだん落ちて行かないとダメらしいのです。専門書には「磁力線の形が違うのどうの」と書いてありますが、私にはどーも納得できませんねー。
てな訳で世間はアンチエイジングですが、ギターの世界ではシンパエイジングです。(たぶんシンパエイジングと言う言葉は無いと思います。シンパシー+エイジです)
2012-01-31 : 楽器関係 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。