目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

蒸気機関

 ずっとNHKの龍馬伝は見ていますが、その中で黒船がやってきます。1853年の事です。

 イギリスでワットが蒸気機関を発明したのは1785年です。1804年には機関車、1807年には蒸気船が作られています。いわゆる産業革命が起こりました。最終的には重工業→富国強兵に結びつきます。

 そのイギリスは蒸気機関の技術をキリスト教圏、かつ白人圏内には自由に輸出したそうです。早い話がヨーロッパですね。ヨーロッパは大きな軍艦を作り世界を征服して行った訳です。どんどん植民地化したと言う事です。

 そして、キリスト教でもなく白人でもないのに植民地化されなかった唯一の国は我が国「日本」です。鎖国の関係もあるのでしょうがこれは凄い事だと思います。日清戦争以降、日本は逆に植民地を増やしていって、他国の民族を苦しめた事も多いのですからこの事を美談化するつもりは毛頭無いですが、それでも凄い事です。
案外知らない人が多いですがオーストラリアとかニュージーランドもイギリスの植民地でした。植民地と言う事は「すでに土着の民族がいた」という事です。シドニー・オリンピックの時にはアボリジニが世界的に有名になりました。

 そして、キリスト教信者でもないし、白人でもないのに世界で初めて蒸気機関を自力で作ったのは、何と!我が伊予の国、宇和島藩のちょうちん屋の嘉蔵と言う男らしいです。この事は司馬遼太郎の「酔って候」の中で紹介されています。これが1856年の事ですからペリーが来た3年後の話です。凄い話ですね。ちょうちん屋が作ったと言うのも凄いですが当時の宇和島藩の藩主「伊達宗城(だてむねなり)」が参勤交代での帰り道に品川で黒船を見て「わしも黒船が欲しい!」と言った事も凄いですね。この一言で嘉蔵の人生が変わり、歴史に残る偉業を成し遂げたのですから。まあ殿様の戯れ言なんでしょうが家臣達は大あわてだったと思います。「そんな馬鹿な~」なんて言うと打ち首ですから。

 いずれにせよ自分の住んでいる四国の事も、愛媛の事も、松山の事も、知っている様で知らない事が多いです。多少勉強しないといけませんね。
2010-10-13 : つれづれ日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。