目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

蛇女

先日姉から連絡が有って「鼻から胃カメラを飲んだ」と言う。すぐに頭をよぎったのは「蛇女」である。

松山には伊豫豆比古命神社(通称 椿さん)という神社が在り、毎年新春に「椿まつり」が開催される。椿まつりと言っても別に椿の展覧会をしている訳ではない。そもそも椿さんは商売繁盛の神様である。3日間開催されるが、全国から約50万人が参拝に来るらしい。私の家からだと車で15分位の距離である。子供の頃は祖父母や両親に連れられ毎年行ったものだが最近は全く行ってない。ざっと20年は行ってないような気がする。現在、松山市の人口が約50万人程だと思うが、3日間でその人数が来るのである。とにかく人が多くて疲れるのである。

私が子供の頃はまだ「見世物小屋」がたくさん有って、「狼に育てられた少年」とか「首が伸びる女」とか「油をなめる猫女」とか…怪しげな見世物小屋がたくさん有った。これら怪しげな見世物小屋の共通点は「照明が暗い」事である。スポットライトがバシッと当たってないのである。当然スポットが当たると非常にマズイ事は理解できるが、それにしても暗いのである。そんな中で、スポットまではいかないにせよ、正面から正々堂々、潔く照明を当て、かつ、私に最も強烈なインパクトを与えたのは「蛇女」である。

別に見てくれが蛇に似ているのではない。女が小さなシマヘビを鼻から入れて口から出すのである。そして、それらしさを出すために彼女は白い安っぽい着物、唇からはみ出す様に大袈裟に塗った真っ赤な口紅、黒くて長いボサボサでフケだらけの髪。白、赤、黒、強烈な色彩感の演出である。彼女は鼻の穴から徐々にヘビを押し込んで行き、それと同時に徐々に口を開いていく。いっぺんに口をパッとは開かない。このスローモーションの様な動きがドキドキさせるのである。そして右手でシッポ、左手で頭を持ってエッサホイサッサと言いながらヘビを上下に動かすのである。かなり鼻の中が綺麗になると思われる。私はこの時初めて「人間の鼻と口がつながっている事」を間接的ではあるが体験した。

去年、私は耳鼻咽喉科で鼻からお湯を入れて口から出す洗浄をしたが、あんなにスッキリするものとは知らなかった。ただ、お湯より蛇の方が、より綺麗になりスッキリする様な気がする。蛇にはウロコも有るし、かなり汚れも取れるのではなかろうか。逆にヘビが汚くなって可哀想な気がする。

姉が言うには鼻から胃カメラを入れる場合は鼻の穴?鼻腔?どっちか忘れたが、左右の大きい方から通すらしい。それを考えた場合、蛇女は楽勝である。左右どちらの鼻の穴でもOKである。シマヘビどころか青大将でもKOだろう。たぶん蛇女の採用試験の合否は鼻の穴の大きさで決まると思われる。したがって試験官はノギスを持っているはずである。正にミクロの戦いである。

さて、話は変わりますが今晩は道後のホテルで小坂忠さん、尾崎亜美さん、そしてそのバックを努める超大物ミュージシャンとの会食です。明日は本番なので朝9時からセッティング、19時からスタート、後片付けが終わるのが22時過ぎ、打ち上げが始まるのが23時頃です。おそらくこの間、色んな面白い事があると思いますのでまた掲載します。
2009-10-30 : つれづれ日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。