目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

私はこうしてタバコを減らした。

日本中の喫煙者がスタンディングオベーションで迎えたと言う禁煙経口治療薬「チャンピックス」をもってしても「禁煙」の2文字は敢えなく消え去ってしまった。(12週間飲み続けないといけない所を2週間で止めてしまった)にもかかわらず喫煙本数は激減した。病院の先生に言わせると1本吸っても100本吸っても同じ事で「その1本」が身体に悪いらしい。しかしながらタバコの本数が減ったと言う事は我ながら喜ばしい限りである。本日は是非日本中の喫煙者に私の教訓を生かして欲しいと思い久しぶりの投稿をする。

<タバコの本数を減らす極意>
その1:自分では買わずに人にもらう事。
ただし、これは私の様な遠慮深い人間だけが可能で万人に当てはまるとは限らない。私の場合、いつも周りに後輩であり、かつ喫煙者が15人程いる。彼らにい今までの経緯(チャンピッスでトライしたが敗れ去った事)を話し、ローテーションでタバコをもらって行く。このローテーションと言う所がミソで偏ると人間関係が悪くなり、さらにその事が会社中に広まる。ローテーションも3巡目位になると何となく相手も「またですか~っ!」と言う感じになるのでそう言う時の為にガムを買っておく。物々交換である。これでたいていはOK!

その2:チョビチョビと1センチずつ吸う。

ようするに一度に1本全部吸うのではなく、1センチずつチョコチョコ吸うのである。だいたいタバコなんて最初のひと吸いがいいのであり、後はおまけみたいなものである。したがって1センチ吸ったら直ぐに消して保管しておく。ただこの「消し方」が問題であり、灰皿に押し付けると潰れてしまうので残りが少なくなる。色々と実験したがカッターで切るのが一番良い事が分かった。1本で3~4回分は有る。ただこの方法はヒジョーにセコイので人に見られない様にしなければならない。若い女子社員にでも見られたものならその日のうちに会社中に広ろまってしまう。したがって肩をすぼめ、隠れる様にしなからタバコを吸わなければならない。非常にストレスが貯まるので何の為のタバコか分からなくなる。しかし本数は激減する。

以上、是非喫煙者はトライして頂きたい。

追伸:本日、久しぶりに焦った事があった。本日私はトイレ掃除の当番だった。(現在、我が社では経費節減の為に清掃業者は入れていない。月に1度のワックス掛けだけ業者に任せている)床にホースで水を撒いて棒ズリでゴシゴシやっていると、棒ズリの先が「大」のトイレの扉と床の間に挟まって抜けなくなった。かなりの力を入れても抜けない。そのうち扉の表面の化粧板が剥がれた。それでも抜けないので思いっきり引っぱったら棒ズリの先が柄から抜けてしまった。このまま放っておくと明日の当番が困るので壊れた棒ズリを総務まで持って行ったら「いったいどんな風に掃除したら先が抜けるんですか~?」と聞かれたが本当の事を言うと扉の化粧板を剥がした事もバレるので「お前、これ不良品じゃないか~?」と言うと「昨日、僕が使った時は全く何とも無かったですよ」と言われた。かなり怪しまれている。
2008-10-16 : 自分が後で読んでもアホらしい記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。