目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

チャンピックス



 2ヶ月程前からタバコを吸うと咳が出る様になった。ちょうどタバコの本数が増えた時期と一致するのであまり気にも留めてなかったが、さすがに2ヶ月も続くとちょっと気になり出した。もう長い間タバコを吸ってるいるし、歳も歳だし、巷では「慢性閉塞性肺疾患」という病気が話題になっている。昔、マイコプラズマ肺炎になった時と同じ様な感じである。最悪の場合肺がんや肺気腫なんて病気も考えられる。

 そう言えばマイコプラズマ肺炎(たぶん)になった時も2ヶ月程咳が止まらなかった。釣り友達でありプロのカメラマンである辻本さんに相談したらマイコプラズマ肺炎と診断され、おまけに病院まで紹介してくれた。その時辻本さんは病院の名前を覚えてなくて地図だけ書いてくれた。
 
 地図の場所まで行ってみると確かに病院は有った。今度、大型台風が来たら吹き飛んでしまいそうなたたずまいである。おまけに看板は「○○小児科」となっている。「なんで辻本さんは小児科なんか紹介するんじゃ~!」と思ったが藁をもすがる思いで玄関を入った。普通、病院の受付けと言うと大抵は可愛い女の子が座っているがそこには誰もいない。待合室から「こんちわ~」と何回か声を掛けると診察室のドアが開き「お茶の水博士」みたいな先生が出て来た。どうやらこの病院にはこの先生一人しかいないみたいである。

以下、待ち合い室での会話

お茶の水先生:今日はどしたんぞね?

私:今日は辻本さんと言う人に紹介されて来ました。ひどい咳じゃないんですけど2ヶ月程咳が止まらんのです。

お茶の水先生:それはマイコプラズマに間違いないわい!

私:私もそうかと思うんですけど診察せんでもわかるんですか?聴診器当てるとか…。

お茶の水先生:あたりまえじゃ!何年医者をやっとると思うんじゃ!聴診器なんか当てんでも顔色を見たらすぐに分かる!まあ、だまされたと思ってこれを飲んでみなさい!

結局、診察室には一歩も入らずに全て待合室で終わってしまった。もらった薬を3日間飲んだら咳はすっかり治まった。本当にマイコプラズマ肺炎かどうかは非常に疑わしいが私にとって「名医」である事には間違いない。ただ、翌年病院の前を通ってみたら跡形も無くなっていた。まるで幻の様である。正にこれぞ「迷医」であろう。

話は戻るが、昨日病院に行って事情を説明し肺のレントゲン撮影をした。結果は全く異常なし。咳が出ると言うのに薬も出してくれない。その代わりに「タバコを止めなさい」と言って最新の禁煙経口治療薬と言うものを出してくれた。それが上の写真。2週間分薬をもらい今日が飲み始めである。「最初の一週間はタバコを吸いながら薬を飲み、2週目から薬の量を増やして完全禁煙」と言う段取りである。今朝初めて飲んだが何となく頭がボーッとしている感じ。

今回は「禁煙」と言うネタがあるので逐一ブログで経過報告をして行きます。ちなみにこの「チャンピックス」と言う薬での禁煙成功率は50%ちょっとらしいです。
2008-07-15 : つれづれ日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。