目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中学校の同級会

昨日は中学校の同級会の打ち合わせだった。
うどん屋の社長、歯医者、宮司、神輿を担ぐ呉服店の娘、学校の先生など各クラスの幹事が10名参加した。

その中に小学校1年生時代のクラスメートでもあり、私の初恋の人「伊津子ちゃん」もいた。
その伊津子ちゃんが、何とこの前会った時より10kgも太ったと言う。それもニコニコして元気そうに言うのである。

確かに太い!二の腕なんかこの私より太い!

まあ、古い言い回しをすると「なんちゅーか、本中華」であるが、10k太っても伊津子ちゃんは伊津子ちゃんである。自分でも何を言ってるのかわからないが、男性なら私の気持ちもなんとなく分るであろう。太ってブタになろうともトドになろうとも、私にとってはやはり小学校1年生の頃の伊津子ちゃんなのである。


はらはらと たたみに落つる 白粉は 君の目尻の 白雪かも



本日は、まるで大伴旅人の様な格調高い短歌が詠めてまあまあ満足である。


はらはらと、何かが宙を舞いながら畳に舞い落ちている。オレンジ色の光を反射して非常に美しい。いったい何であろうかと思いつつ愛おしい人の横顔を見たら、彼女の目尻の皺の溝に溜まっていたファンデーションがポロポロはげ落ちている。一瞬あせって言葉を失ったが、その無邪気な顔を見ていると、たとえヒビの入ったセメントの様なファンデーションであっても、私にはまるで白雪の様に見える。

と言う歌である。我ながら悠久の愛を感じさせる秀作である。

まあ、初恋のイメージは見事に崩れ去ったが、今の所伊津子ちゃんはファンデーション事件で落ち着いている。あと何年かしたら「入れ歯が落ちたと」か「髪が抜け落ちた」とか「失禁した」とか、色々な物が下に落ちてくるであろう。まだ目尻の皺くらいは可愛い方である。

追記
 俳句処、我が松山では「俳句甲子園」なるものを毎年開催している。
正直言って「今時の若い者が俳句なんてジジ臭いな~」と私は思っていた。
しかし、いざ自分で詠んでみようと思うと、俳句、川柳、短歌どれをとっても「好奇心が強く、感受性が強く、語彙が豊富で、ユーモアがあり、・・」この様な人間でないとなかなか難しい。
私の句などは別に勉強した訳でもなく自己流である。専門家から見ると自己流ならではの欠点もあるのだろうが、そんな事は私にとってはどうでも良い。言葉を選びながら何とか形になった時の喜びが有ればそれで十分である。

 縁あってこのブログを見ている方は是非一度、俳句なり川柳なりを作ってみて欲しい。かなり頭を悩ますはずである。先程の俳句甲子園の話に戻るが、今、若者達の間で日本語が乱れていると言う。しかし彼らもやろうと思えば美しい日本語を使えると私は思う。何故なら今時の若い者は素晴らしい句を詠む。



スポンサーサイト
2006-09-30 : 全くアホらしい川柳・俳句・短歌編 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

散歩の勧め

tubaki
2年程前、血液検査の結果が悪かった為、医者から毎日30分の散歩や水泳、摂取カロリーは1日1600kcalと言われた。

  昔、市内の水泳大会に出た位だから泳ぐ事は別に苦にならないが、泳ぐ事自体が単純作業なのですぐに飽きてしまう。走る事もどちらかと言うと得意で、小6の時に松山市の大会で1位になり賞状をもらった。(中学生の頃は陸上部より早かったし、高校時代までは陸上部と対等に戦えた。こんな話をしても今や誰も信じてくれない。信じてくれるのは当時の同級生とお袋だけである)が、しかし、そんな私が走れない!。ゼイ肉の上下運動による慣性エネルギーが、「前方に走る」と言うパワーよりも大きいらしい。

  水泳は退屈だし、ジョギングは無理となると「歩く」しか選択の余地は無い。  しかしこの「歩く」という行為が非常に面白い。別にドーパミンが出てウォーカーズ・ハイになると言う訳ではないのだろうが非常に面白い。 まず、景色が違う。自転車や車のスピードでは見えない物が見える。それに風切り音が無いので「音」が聞こえる。それと「手で触れる」事ができる。昆虫や植物はもちろんだが、石や建物の「触感」を感じる事ができる。

  現在、ほぼ毎日30分は散歩する。休みの日は1時間半程は歩く。特にお気に入りのコースは自宅から道後まで行き、椿湯に入って帰ると言う約2時間程のコースである。

  道後温泉本館は観光客が多いので私はいつも椿湯に行く。大きな浴槽が1つあるだけである。その浴槽の奥、中央に大理石で作られた大きな湯口がある。この大きな湯口の両サイドは地元道後の重鎮達の指定席であるが、この湯口の「左側で寝ると死ぬ」と言う噂が流れた時期があった。重鎮達はかなりの歳で重鎮というより、かなりの「粗チン」になっているが、その地元の粗チン達が次々と謎の死を遂げるというのである。まさにツタンカーメンの呪いの様な話である。実際問題、ある時期この場所には誰も座りたがらない時が有ったらしい。

  この粗チン達は湯口の両サイドで風呂桶を枕にして寝ている事が多い。一見すると死んでいる様にも見える。中にはいつも顔を合わす風呂友達が死んでないかを確かめる為に、足先でチョンチョンとつついている粗チンもいる。
 ほとんどの場合、彼らは上を向いて、右腕を額の上に置き、口を開けて、足を組んで、粗チンの部分は一応タオルで隠して寝るというパターンである。たまにタオルがズレ落ちてチンが顔を出している事もある。その場合は隣の重鎮、いや、粗チンが優しくタオルを掛けてやるというほほえましい光景を目にする事もある。

  1週間前に私は椿湯に行ったが、その時重鎮達は「手術跡」に関して盛り上がっていた。

「あんた、それ胃の手術かな?面白いとこに跡があるな~」
「いや、膵臓よ。今年のはじめにやったんよ」
「うまい事やっとるな~。どこでやったっん?」
「日赤よ。うまいことやっとろがな~」
「それはうまいわい!わしは胃がんの手術やけどな~、これ見と~みや~、こんな不細工な事したらいかんわいな~。こんな切り方やったらうちのカーチャンでもできらい」
「ほ~やな~。それやったら、そこらの寿司屋の大将の方がうまいわい。ガハハハッ~」

まるで家のリフォームである。

この会話が発端で次々と「手術跡持ち」が集まってきた。私の目の前である。中には入れ墨持ちもいた。入れ墨持ちにはこれと言って手術跡は見当たら無かったが指が無かった。さすがに指の上手な落とし方の講釈はしてなかった。聞く所によると彼らは初対面であるが、やはり裸の付き合いは瞬時に「友達」にしてしまう。

  何故、左側だけが死ぬのか?いろいろ観察してみた結果、ある事が判明した。 私も実際に重鎮達と同じ格好をして寝てみた所、そこは浴室入り口のガラスのドアを開けると冷たい空気が直撃する場所なのである。おそらく、日曜日などの入浴客が多い日は結構スースー冷たい空気が当たるのではないだろうか。その結果急激な血圧変動を起こし、心臓マヒに至ったと私は推測する。上の写真も左側には誰もいない。
  
 一昨年頃から、道後温泉も消毒用の塩素問題が話題になった。間違いなく湯質は低下したと感じる。だが、私に言わせれば塩素問題よりも、重鎮達をいかに守るかを検討する事が先決と感じる。
 
・「ここで寝ると死にます」という看板を作る。
 ・寝姿マネキンを作っていつもその場所に寝かせておく。
 ・重鎮達にサークルを結成させ(例えば”手術跡を偲ぶ会”)、とにかく会話に弾みをつけ、寝かせない。ヒマラヤでも「寝たら死ぬ」のである。
 
 早急にこれらの対策を講じて頂きたいものである。

本日の句。本日の句は私の作ではない。かの種田山頭火の句である。以前、仕事の関係で山頭火の事を色々と調べた。その中で温泉に関する句で、かつ最も印象に残った作品である。


朝湯 こんこん あふれる まんなかの わたし (種田山頭火)


山頭火は自由律俳句と呼ばれ、決まり事に縛られない自由な作風である。「それなら自分にもできそうだ」と思うが、これがなかなか難しい。やはり我々凡人には
五七五の方が考えやすい。



2006-09-25 : 全くアホらしい川柳・俳句・短歌編 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

デポドン


さざれ

つい最近「国歌斉唱問題」「国旗掲揚」問題が新聞紙上を賑わせた。これは学校行事進行時において発生する問題であるが、まあ毎年の恒例の行事みたいなものである。でも、いつだったか自殺者が出たくらいだから「当の本人」にとっては重要な事とみえる。

 聞く所によると「国歌斉唱問題」と言うより「国歌斉唱時に起立するかどうかの問題」の様である。実際問題、「大声張り上げて国歌を歌わなくても、百歩譲って全く歌わなくても、起立さえしてくれたなら式典の進行がスムースに行く」という事らしい。私自身は「国歌斉唱」「国旗掲揚」については何ら思想はもっておらず、別に起立して歌っても抵抗は無い。もちろん一所懸命になって歌う事は無い。ただ、オリンピックやワールドカップ時に国歌が流れると「国」を意識する。
 そう言えばテポドンが飛んで来た時も私は「国」を意識した。とは言ってもテポドン問題については私は全く心配してない。何故かと言うと、来月から吉野家が「ギュウドン」をコンスタントに飛ばし始めるらしいし、我が国には「ウナドン、オヤコドン、カツドン、ウニドン」をはじめ「海鮮丼」という「核兵器に勝るとも劣らないドン」を持っているからだ。それに「ヒレカツドン」と言った新進気鋭のドンもある。ただ、一つ気になるのは北朝鮮がテポドンの後継機種として「キムチドン」を開発してきた時である。なかなか厄介な問題である。我々日本人が想像だにしない隠し味を開発するに違いない。キムジョンイル恐るべし!安倍総理には国家的事業として「新たなドンの開発」をお願いしたい。その為には吉野家及びなか卯、そして三菱重工の業務提携が必須であろう。その時は私がアドバイザーとして参加したい。

 話は変わるが、こう言った、私自身の国歌に対する意識の低さを表すものとして「サザレイシが何の事かつい最近まで知らなかった」と言う事がある。写真は京都下鴨神社にある「さざれいし」である。ただし、細石(さざれいし)自体は学名を石灰質角礫岩と言い、長い年月をかけて溶解した石灰質が多くの小石を集めて大きく成長したものであるらしい。そんな訳で日本全国津々浦々に細石は有る。まあ、あんまり綺麗な石では無いが、と言うより汚いが、逆にそれが歴史を感じさせて良いのかも知れない。

最近絶不調であるが、下鴨神社の細石を見て一句

さざれいし 待てど暮らせど 苔生さず どうせ生すなら 我が御髪かな

※僭越ながら 生す=むす 御髪=みぐし と読みます。
2006-09-22 : 全くアホらしい川柳・俳句・短歌編 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

トランシーバーが届いた

 どう言う訳か急にアマチュア無線のトランシーバーが欲しくなった。買うつもりは無いので、数人の友人に声を掛けたらかけたらタダで譲ってくれる人が見つかった。SNSで言うところの「友人の友人」である。Trio TS820-Vという機種で岡山県から我が家に届いた。届いたのは良いが想像以上にデカくて重い!おまけに臭い!  当然女房の機嫌が悪い。

以下は夫婦の会話である。 
女房「なんでまたこんなゴミみたいなもんが部屋の真ん中に有るんよ!」「ただでさえ家の中はお父さんと◎◎のガラクタだらけやのに~。ガラクタをかき分けながら掃除するん大変なんよ!この前も掃除機で何か吸い込んだけどそのまま捨てた!ギターのピックなんか何枚吸い込んだかわからん!!」

注釈(◎◎は息子の名前。確かに部屋の中は分解したパソコンの部品やオーディオ用のコイル、コンデンサー、トランス、ラジコン用エンジンの部品、CD、MDなど細々した物が散乱している)

私「いや、これは南海大地震が起きた時に電話が通じんなった時の為の緊急連絡用なんよ

女房「ほーっ、そうなん。それはええけど、お父さん免許持ってないんじゃない?」

私「免許が無かったら送信はできんけど、受信はできらい!」

女房「送信ができんのになんで緊急連絡ができるん!?」


私「・・・・」

以上で終了。当然の事ながらTS-820は部屋の片隅に追いやられた。
2006-09-18 : 自分が後で読んでもアホらしい記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

人間 切羽つまれば・・・短歌バージョン

本来、私のブログは面白い写真を掲載・紹介すると言うのが趣旨である。したがって、いつもちっちゃなデジカメを携帯している。しかし、最近、絶不調で面白い写真がなかなか見つからない。例えば、毎朝自分の家の前をシッポで掃除する綺麗好きの犬とか、横断歩道を手を上げて渡る猫とかがいればすぐにでも飛んで行くのだが、なかなかそういうネタは見つからない。したがって、最近の私の記事には写真が無い。非常に不本意である。大スランプである。

 まあ、掲載写真は無くとも川柳DNAを有する私はこんなアホな記事なら、いつ如何なる時でも投稿できる。

 実は私はギタリストである。
様々な曲を演奏するが、先日ある所でサンタナのサンバ・パティと言う曲を演奏した。サンタナの曲の中で私の最も好きな曲である。メロディーの綺麗なスローバラードである。
イントロはギターからラシドレミソレーと入る。この瞬間オナラが出そうになった。イントロ後32小節は全体的に音を抑え気味で演奏する。狭い場所でもあるし、むやみにオナラをするとお客に聞こえてしまう。方法は2つ。バックのパーカッションの音に合わせてオナラをするという高度なテクニック、或いは33小節目以降の曲が盛り上がってシンバルがバーンッ!と鳴る瞬間まで我慢する。この2つしか無い。
 
 ボンゴのポコンッ!という音に寸分のくるいも無くぴったり合わせなけれ音が聞こえてしまう。かつ、プンッ!と言う歯切れの良いオナラ音でないと駄目だ。スーッ!ならドラムのブラシの音に紛れるかも知れない。しかし、ブワなら最悪だ!
 この32小節の間に様々な不安が頭をよぎる。お尻からミストーンが今にも出そうな状況の中、ましてギターでミストーンを出す訳にはいかない。今まで経験した事の無いすごいプレッシャーだ。汗が出て来た。
 
 人間、極限まで追い込まれると、とっさに良いアイデアが生まれる。
リードギターなので中央、一番前で演奏するが、アンプの音色が気に入らず、調整する様なふりをして、お客の方を向いたままあとずさり。次にギターアンプのスピーカーに直接お尻を付けて、アンプのボリュームを上げる。それと同時に強めのピッキングとチョーキング。スピーカーにお尻が覆いかぶさっているので、ボリュームを上げても極端な音量変化は無い。その瞬間にブッ!。この方法で事無きを得た。皆さんもお試しあれ!。

 ここで 短歌を詠む


さんたなの にほいかぐわし 夏風の 音に消えたり 我がかほりかな


「アララギ派」というのが明治時代にあったが、私が主宰するのは「アラララ歯」である。
最近、歳とともに歯が弱くなった。リンゴをかじると歯茎から血が出る人は是非「アラララ歯」に入会されたし!今なら「デンターライオンを無料で進呈キャンペーン」実施中!

まあ、今回も含めて毎回毎回アホな投稿をしているが、全て実話である。
しかし、何の役にも立たない記事を読んで、笑ってくれる読者がいる限りやめる訳にはいかない。
2006-09-15 : 全くアホらしい川柳・俳句・短歌編 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。