目についたものを何でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

魔界京都初日と二日目

昨晩の無呼吸症候群のオッサンのお陰で睡眠不足に陥った私は京都に着いた後もすっかり疲れ果てていた。当初の予定では京都に着くなりどこかに観光に行くつもりだったが到底そんな元気は無い。夕方6時半開場のトモ藤田のライブまで息子のマンションで昼寝をする事となった。

トモ藤田のライブはぶっつけ本番だった様でファースト・ステージではぎこちない部分も感じられたが、15分の休憩を挟んだセカンド・ステージは「さすが!」というものであった。このライブについては話が長くなるので割愛する。結局この日は昼寝をしてライブを見て終わり。ライブが終わると直ぐに帰ってまた寝た。

翌日は早くから起きて、どこに行くともなく家を出た。加茂川沿いを歩きながら「何回も京都に来たけど、そういや龍馬の墓は見てないな~」と言うことで坂本龍馬のお墓へ向かった。

五条を少し過ぎたあたりにある松原橋を渡って東に向かって歩く。この道は昔から「葬送の道」と言われ、死人をこの道を通って鳥辺野の墓地まで運ぶ「お決まりのルート」だったらしい。けっこう急な坂道である。その途中にある六道珍皇寺で一休み。一休みする様な場所では決してないが「1200年前の京都の闇の部分」を垣間見せる恰好の場所である。政治の腐敗、武力闘争、飢饉、伝染病…人々は生きる力を失っていた。

まず第一にこの提灯。キャッチ・コピーが単純明快で素晴らしい!「あの世への入り口」おまけに赤字で書かれている。この付近一帯は「六道の辻」と呼ばれている。そう言えばこの道筋に轆轤町(ろくろちょう)と書かれたプレートが貼られていた。「ろくろ首」がたくさん転がっていたが故に付いた町名らしい。その「ろくろ」が「ろくどう」に変化したと言う説がある。さすがに葬送の道である。たぶん坂道を死体を担いで上るのが大変で、そこらに死体を放置したのだろう。と言う事はこの近辺を掘り返すと人骨が出てくるのか!!あ~恐ろしや!!それとここには、かの有名な「幽霊子育飴本舗」があるが写真を取り忘れた。

提灯の左に見えるポスターに目をやってみると
DSCF1553.jpg
「地獄絵に見る道教の神々」と書かれ「閻魔大王」の絵が紹介されている。「こんな気味の悪いもん誰が見るんじゃ~」と思いながらも見たかったが5/9で終わっていた。次回の楽しみとする。
実は提灯はもう一つ有る。
DSCF1556.jpg
この提灯にある通り、ここは「京都・魔界に於ける大御所」とも言える”小野 篁”に縁があるお寺なのです。またこの提灯の赤字のキャッチ・コピーがいいですねー。「閻魔大宮の臣」重みを感じるコピーです。
境内の傍らに小さな建物があり下の写真の様な看板があります。小さな格子から中を覗くと閻魔大王と小野篁の木彫りの像があります。何しろ小さな穴からしか中を覗けませんから写真も上手く撮れませんでした。何故こんな小さな穴から覗く様にしているのかは不明です。好奇心をくすぐる為か、はたまた恐怖心をあおる演出か?
DSCF1552.jpg
こんな看板も有ります。とにかくこのお寺は「格子」とか「覗く」と言うのが大好きみたいです。
DSCF1551.jpg
小野 篁が地獄との間を行き来した井戸が有ると言うのです。それは下の写真。
DSCF1554.jpg
写真の中央、やや右寄りに竹で作った蓋をした井戸が少しだけ写っています。毎夜毎夜、篁はここから冥土の世界まで通っていたのです。

このお寺からもう少し東に坂を上ると東大路に出て、そこからひたすら坂道を上がると龍馬のお墓や高台寺、清水寺が有ります。しかし、この日は小野篁の毒気に当たりすっかり疲れてしまったので、北向きに進路を変え祇園界隈を散策しながら家に帰りました。
5/28の話ですから普通の人は仕事をしている訳ですが、何と観光客の多い事!驚きます。
東大路に出るやいなや「蟻の行列」の様な感じで観光客がぞろぞろ龍馬のお墓と清水寺の方へ向かっています。異様なな光景です。それと、それまでは伏見で見かけるくらいだった「龍馬グッズ」が京都の土産物店を席巻しています。テレビの影響は大きいですね。その点、六道珍皇寺は私一人しかいませんでした。
スポンサーサイト
2010-06-01 : 面白街角写真京都編 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

魔界京都への旅立ち

5/26の夜、22時55分松山観光港発、大阪南港行きの船に無事乗船。普段ならとっくに寝ている時間であるが、魔界への旅達のせいかバッチリ目が覚めている。それでも「明日に備えて寝なくては…」と思い、タタミ一畳も無い煎餅布団を敷き横になる。すると五分もしないうちに寝てしまった。が、30分もしないうちに目が覚めた。隣のおっさんのイビキがひどいのである。豪快なイビキではないが今にも息が止まりそうなのである。いわゆる「睡眠中無呼吸症候群」であろう。隣で死なれたら困るのでよっぽど起こしてあげようかと思ったが、本人は気持ち良さそうに寝ていたので放っておいた。イビキは朝まで続いたのでこちらは睡眠不足の大迷惑である。まあ、昔で言う所の2等客室、今はかっこ良く「ツーリスト・ルーム」と呼ぶが、ネット予約で20%OFF、大阪まで5040円。安い分だけこういう事も有ろうかとあきらめる。正にこれが迷宮・魔界への入り口であろう。
したがって眠ったやら眠って無いやら分からない状態で朝六時に目が覚める。
早速、顔を洗いに行き、その後船内をウロウロする。タバコを吸いたくなったので「以前は確かゲームコーナーの横に喫煙室が有ったな~」と探し回る。そのうち下の案内を発見!

その案合板の通り進んでいくと正面にドアが有るではないか!
何となく嫌な予感がする。
IMG_0160.jpg
そのドアを開くと!!!!
そうです、甲板に出るのです!スモーカーは船内では吸うなと言う事ですね。しかし、ラッキーな事に明石海峡大橋の真下をくぐる経験ができました。写真の上部に映っているのが橋です。写真ではこんな感じですが本物はデカイです。特に真下を通過する時は大迫力で今にも船の煙突が当たりそうでした。
IMG_0164.jpg
さて、朝の七時半の大阪に着いてポートライナーやら地下鉄を乗り継いで、いざ京都へ!
約一時間半で京都に着きます。JRが270円、京阪電車が400円。計670円で京都まで行けました。松山市駅から高浜観光港まで約10Kmですが550円もかかります。都会は物価は地方に比べ高いですが公共交通機関だけは激安ですね。この続きは次回。
2010-05-31 : 面白街角写真京都編 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3/31の京都 祇園の桜です

   
京都祇園の有名な辰己神社の前の桜です。京都にいる息子から送って来ました。
円山公園のしだれ桜が満開になったら写真を撮るように言ってますのでまた掲載します。
祇園の桜を見る限りまだちょっと早いみたいですね。
2010-04-01 : 面白街角写真京都編 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

道後温泉からくり時計


上の写真は道後温泉駅前にあるカラクリ時計の写真です。クリックして大きくすると1時5分前だとわかります。


この写真は上の写真の5分後、ちょうど1時ですね。わかりますか?上に伸びましたねー。それにあちこちから色んなものが出てきましたね~。時計の文字盤はマドンナが出ています。あとは見えにくいですが小説「坊ちゃん」の登場人物が出てきます。出たり引っ込んだり、くるくる回ったり、とても精巧に作られています。もちろん音楽も鳴ります。確か一昨年だったと思いますが、これが壊れて修理に膨大な費用が掛かっていました。でも写ってはないですがこれだけ観光客が喜べば修理の甲斐もありますね。
2009-10-20 : 面白街角写真京都編 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東福寺

toufukuji

本日は久しぶりに京都の写真を掲載したいと思います。と言うのも昨日(11/28)京都に住んでいる息子が東福寺に行って写真を撮ってきました。息子の家から東福寺まで自転車で20分程です。ただウィークデーとは言え何しろ今の京都は人だらけです。中に入るには1時間ほど並ばなければいけないらしく、これは境内の外から撮ったものです。見づらいですが左上に有名な通天橋が見え、人がいっぱい写っています。開門は朝の8時半と言う事ですが6時半頃にはもう人が並んでいるそうです。この東福寺から同じく自転車で15分程で皇室の菩提寺であり楊貴妃の像で有名な泉湧寺があります。この時期の京都はどこへ行っても見所満載です。
otabe

これは25日、日曜日の京都駅前の写真です。今の京都駅では毎日の様にイベントが開催されています。この日は「黒いおたべ」の試食会をしていたようです。この黒は黒ゴマを使っているみたいです。興味ありますね。

 さて話は変わりますが、つい最近、女房の年賀状の住所データをうっかり削除した事に気づきました。削除してからかなり時間が経っているので復活できないみたいです。問題は「これが3回目である(3年続けて)」と言う事です。昨年女房に「今度は絶対に消さんといて!入力するのに一週間もかかったんよ!」と言われたにもかかわらず消してしましました。さらに「こう言う時の為に」と思ってバックアップをとっていたCDも紛失してしまいました。女房にはまだ言ってません。間違いなく「怒りの鉄拳」です。さあ、どうしよう!?
2007-11-29 : 面白街角写真京都編 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
FC2ブログランキング
Pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。